NEWS

ニュース

  • 客室リニューアル
  • 19.08.17

館内全体のリニューアルに着手【ストリングスホテル東京インターコンチネンタル】

館内全体のリニューアルに着手【ストリングスホテル東京インターコンチネンタル】

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル(東京都港区)は、7月2日、ホテルの全面リニューアルに着手したと発表した。改装終了は今秋を予定している。

段階的な工事により、客室やレストラン・バー、チャペルや宴会場などが生まれ変わる。さらに、同ホテル初のラウンジ「クラブインターコンチネンタル」を開設する。クラブインターコンチネンタルラウンジは、スイートルームを含むクラブカテゴリー客室の宿泊客専用の空間。朝食やアフタヌーンティー、イブニングカクテルなど、一日を通した飲食の提供、パーソナルチェックイン・チェックアウト、専任コンシェルジュなどのサービスを提供する。

客室は、全203室のうち47室がスイートルームを含むクラブカテゴリーの客室となり、富裕層を中心とした国内外の宿泊需要に対応する。