NEWS

ニュース

  • 客室リニューアル
  • 20.07.01

数奇屋風別館「佳水園」新装【ウェスティン都ホテル京都】

数奇屋風別館「佳水園」新装【ウェスティン都ホテル京都】

ウェスティン都ホテル京都(京都市東山区)は7月17日、数寄屋風別館「佳水園」をリニューアルオープンする。

今年創業130周年を迎えることを記念した大規模リニューアル工事の一環で、建築時に設計を担当した村野藤吾氏による外観やパブリックスペースのデザインを承継しつつ、客室2室をまとめて1室にするなどし、平均客室面積を40㎡から70㎡に広げた。客室数は12室となる。

各部屋にはベッドルームを設け、リビングと分けることで居住性の向上を図ったほか、約1200mの深さから掘削・湧出した天然温泉をお風呂に引き込み、客室に居ながら温泉が楽しめるようにした。
佳水園は1959年に建設され、翌1960年1月から営業を開始した。今回のリニューアルの設計監修はNAP建築設計事務所(東京都港区)代表の中村拓志氏が行った。