NEWS

ニュース

  • 予約関連システム・サービス
  • 20.05.23

台湾発のPMSで合掌造民宿の業務管理を効率化【合掌HD、OwlTing Japan】

台湾発のPMSで合掌造民宿の業務管理を効率化【合掌HD、OwlTing Japan】

岐阜県・白川郷の観光支援などを手掛ける合掌ホールディングス(岐阜県大野郡)は、OwlTing Japan(東京都港区)と協業し、地域の宿泊施設の予約管理システム導入を支援した。

導入したのは、OwlTingグループが開発した「OwlNest」(オウルネスト)。PMSと予約エンジン、サイトコントローラーの機能の全てを搭載し、宿泊予約や客室の在庫管理にかかる手間の効率化とコストダウンを実現する。セキュリティの高さや操作のしやすさ、スマートフォンやタブレットでの運用、日本語・英語・中国語に対応した多言語対応、事前決済、売上管理など、業務効率化や売上アップに繋がる付帯機能も完備する。

合掌HDは、年間200万人の観光客が訪れる白川郷の課題解決や地域ブランディングを行っており、OwlNestの導入支援も地域の課題解決の一環で取り組んだ。

白川郷では合掌造民宿の人気が高く、外国人客の関心も強いが、それらの多くは地元住民が家族で経営しており、予約手段は電話やFAXが中心だった。多い日には1日100件もの電話が入ることもあり、運営者は予約管理に業務時間の多くを割いていた。また、空室状況がリアルタイムで「見える化」されなかったことからオーバーブッキングやノーショーなどの問題も起きやすく、また、特に外国人客にとっては予約のハードルが高く、近隣都市に宿泊需要が流出する要因にもなっていたという。

OwlTing Japanは台湾に本社を構えるブロックチェーン企業。台湾のほか、日本、米国、マレーシア、タイ、アラブ首長国連邦にも拠点を構える。