NEWS

ニュース

  • 客室リニューアル
  • 20.07.05

光触媒で抗ウイルス・除菌【キャンディルグループ】

光触媒で抗ウイルス・除菌【キャンディルグループ】

住宅や商業施設の修繕、改築などを手掛けるキャンディルグループ(東京都新宿区)は4月22日、抗ウイルス・抗菌効果のある光触媒コーティングサービス「レコナガードエアリフレッシュ」の提供体制を強化すると発表した。
同社グループ内で、特に住宅向けに抗ウイルス・抗菌への関心が高まっていることを受けて、従来よりも高品質な材料を使った同サービスへの切り替えを進めているもので、ホテルや商業施設にはキャンディルテクト社を通じてこのサービスを提供する。
光触媒は、光による化学反応で有機化合物質を二酸化炭素と水に分解する仕組み。防汚性や抗ウイルス・抗菌、防カビ、消臭などの効果が期待でき、メンテナンス費用の削減にも繋がる。
レコナガードエアリフレッシュは、下処理として抗菌剤を散布し、その後、光触媒コーティング剤を施工する。コーディング剤は国内メーカーが生産した特許取得済みの製品で、アパタイトと二酸化チタンの2つの成分が24時間働き、従来の光触媒では反応しないとされている白熱電球やLEDにも反応。光が少ない夜間も効果を発揮する。製品は人体に害のない安全な成分で構成されているので、子どもやペットがいる空間、食事を提供する空間にも安心して使用できる。すでに、住宅や商業施設、ホテル、学校・保育園、飲食店などで採用実績がある。
施工可能箇所は室内壁、天井、カーテン。作業時間および料金は施工面積に応じて変動。住宅やホテルの客室の場合、30㎡で3時間程度を見込んでいる。