TOP INTERVIEW

経営者に聞く

  • フロント業務から料飲・清掃まで一括運営受託【シダックスグループ】

    フロント業務から料飲・清掃まで一括運営受託【シダックスグループ】

    シダックスグループが、ホテルの一括運営受託事業に本格参入した。不動産活用などを手掛けるボルテックス(東京都千代田区)が開発し、2018年春、都内に相次いで開業した宿泊特化型ホテル「HOTEL EMIT」(ホテルエミット)の運営を、シダックスグループが一括して受託。フロント業務、カフェレストランの運営、清掃、セキュリティ管理など、同社グループがこれまで培ってきた事業ノウハウを結集してホテルを運営し、快適なホスピタリティ空間の提供を目指す。 運営業務の中核を担うシダックスビューティーケアマネジメント(東京都渋谷区)林伸光社長は「ホテル運営には...

    詳しく見る

  • プロ野球球団とホテルがコラボ【ホテル横浜ガーデン】

    プロ野球球団とホテルがコラボ【ホテル横浜ガーデン】

    横浜DeNAベイスターズ(横浜市中区)は、宿泊施設に対して球団肖像などを使用したサービスを展開できる「オフィシャルホテルプログラム」を始動。第一弾として「横浜スタジアム」の目の前に位置するホテル横浜ガーデン(横浜市中区)が、7月1日からコンセプトルームによる観戦チケット付き宿泊プランの販売などを始めた。 日本のプロ野球球団が、球団肖像などの野球コンテンツを宿泊施設に提供して商品化を支援するのは、本件が初。ベイスターズが進める、スポーツの力で街に賑わいを創出する「横浜スポーツタウン構想」に基づくスポーツツーリズムの推進の一環として企画され、...

    詳しく見る

  • 【国際ホテル旅館フェア2018講演】「30軒計画」達成が射程圏内に【価値開発】

    【国際ホテル旅館フェア2018講演】「30軒計画」達成が射程圏内に【価値開発】

    世界100カ国以上の国・地域で4200軒以上を展開する世界的ホテルチェーン「Best Western Hotels & Resorts(ベストウェスタンホテルズ&リゾーツ)」。日本国内で同ブランドを展開する価値開発(東京都千代田区)は、5月に北海道で「ベストウェスタンプラスホテルフィーノ千歳」をはじめ、着々と出店計画を推し進める。 新築開発のみならず、地方都市の既存ホテルをベストウェスタンにリブランドして稼働率および業績を上げるなど、多様な実績をあげている同社。社長の高倉茂氏は、ベストウェスタンが発表した新ブランドの開発にも意欲を...

    詳しく見る

  • 「食事を楽しむホテル」拠点拡大へ【ひらまつ】

    「食事を楽しむホテル」拠点拡大へ【ひらまつ】

    高級フランス料理店などの運営で知られるひらまつ(本社東京都渋谷区)が、ホテル事業に力を入れている。今年7月14日には4軒目を沖縄・宜野座へ、さらに来年度には初の都市部となる京都への計画を控えている。 食事を楽しむために宿泊する「滞在するレストラン」は日本で根付くか。同社の挑戦と、その根底にあるレストランから脈々と受け継がれている同社の精神を、陣内孝也社長に聞いた。詳細は『国際ホテル旅館』5月5日号で。 ...

    詳しく見る

  • クラシックホテルが「原点回帰」を目指す理由【雲仙観光ホテル】

    クラシックホテルが「原点回帰」を目指す理由【雲仙観光ホテル】

    1935年(昭和10)開業の雲仙観光ホテル(長崎県雲仙市)の総支配人・船橋聡子氏は経営強化を進め、特に高単価施策が功を奏して業績をあげている。 船橋氏の経営は「原点回帰」がキーワード。創業時から同一オーナーのもとでマネジメントがなされ、国の登録有形文化財に指定されている建物のみならず、ホテルの魂や精神といったものも今日まで継承されていることが、クラシックホテルの「空間」を創り出しているとして、情報発信や集客、人材教育などに取り組んでいる。 インタビューの詳細は『国際ホテル旅館』3月20日号で。 ...

    詳しく見る